Python プログラミング メモ

sleep関数

sleep関数

 

Pythonのsleep関数の使い方です。

sleep関数はコードを実行した後に、任意のポイントで任意の秒数、実行を停止する関数です。

sleep関数はtimeモジュールに含まれている関数なので、まず、timeモジュールをインポートします。

その後、任意の実行停止秒数を引数に渡せば、停止後に再びコードが実行されるといった流れになります。

import time

print("Pythonを実行しています。")
print("実行を停止しました。")

for _ in range(10):
    print(".", end="")
    time.sleep(2)
print()
print("実行を再開します。")
print("完了しました。")

"""
### 実行結果 ###
Pythonを実行しています。
実行を停止しました。
..........
実行を再開します。
完了しました。
"""

上記のコードを実行すると、任意のポイントで停止している事が確認できます。

-Python, プログラミング, メモ

Copyright© donguri_pyのblog , 2024 All Rights Reserved.