日記

今、勉強しているものは、やがて価値を失う

 

以前、私が勤務していた会社で、ある上司が言っていた事があります。

 

上司「今じゃ考えられない事かも知れないけどね、私が入社する時代はそろばんができると採用が有利になったの。」

 

私「え!?そろばんですか…?既に電卓ありましたよね?」

 

上司「もちろん(笑)ただね、そろばんができる人って暗算が得意で計算が速いんだよ。我々の仕事は数字や計算が重要でしょ。だから、そろばんは評価の高いスキルだったの(笑)」

 

私「…」

 

今はスプレッドシートやExcelがあるので、仮にそろばんのスキルが高かったとしても業務のパフォーマンスに差がつく事はない。

あくまで昔話の1つです。

私は「そろばんなんて(笑)」ってバカにしたいのではなく、当時は一定の優位性を持っていたスキルが時間経過によって、その価値を徐々に失っていた例の1つだと考えているという事です。

価値は少なければ少ない程、希少性が高くなり優位性を発揮します。

この理屈は不変であり、過去も同じ事が繰り返されていた事は歴史が証明しているし、未来も同じ事が繰り返されるはずです。

これはプログラミング言語なども共通している事です。

 

ある一定のレベルでコーディングができる人材は希少で、価値を提供する事ができます。

しかし、ChatGPTなどの登場で一般の人でも安価に利用できる事から、今後も更に業務などに応用されていく事が容易に予測できます。

「Java?自分バリバリ書けまっせ~!」という人材なら引く手数多だった時代もあったのかも知れませんが、今後、コーディングスキルは低いけどChatGPTなどを使うのが上手な人達の方が前者と同等、場合によっては前者を上回る仕事をする可能性もなくはないわけです。

競技プログラミングで有名なAtCoderでも、生成AIに関するルールが改正されました。

生成AIの台頭に伴うABCにおけるルール変更について

AtCoder公式

 

時代は常に変化していて、その流れは年々速くなっていると言われています。

テクノロジーの進化は加速する一方で、当然と言えば当然です。

今、自分が懸命に学んでいる事も未来永劫、その価値を維持し続けるわけではありません。

必ず、どこかのタイミングで寿命がやってきます。

一労働者としての価値を提供し続ける為には、常に時代の変化を感じつつ、その流れに従って、その時々で必要な知識や技術を学び続ける以外に方法はないという事になりますね。

 

我々が生き残る道は永久に学び続ける以外に方法はなさそうです。

 

 

-日記

Copyright© donguri_pyのblog , 2024 All Rights Reserved.